LiLz Gaugeは、LiLz社が開発する、低消費電力の静止画IoTカメラと機械学習を活用し、アナログメーター等の目視巡回点検を簡単にリモート化できるクラウドサービスです。

設備保全における計器の巡回点検は、設備点検者の大きな負担となっています。
また、日本が提唱する未来社会のコンセプトである Society 5.0、そして世界の潮流である Industry 4.0 といった流れの中でも、人の負担を減らしつつアナログ情報をデジタル化していく仕組みが今求められています。しかしながら、スマートメーター等のIoT機器は、24時間365日稼働している設備を中断する電源及びネットワーク工事や、新たに大規模な設備投資が必要で、現実的には導入が進みにくいという課題を抱えています。
LiLz Gaugeは人が行っている目視点検プロセスを、IoTカメラ、機械学習、クラウドサーバを利用した点検プロセスへ移行(デジタルツイン化)し、取得データを蓄積することにより、次世代の予知保全に向けたサービスを提供します。

01
電源・ネットワーク工事不要で 点検をリモート化
1日3回撮影で約3年連続動作するLTE搭載IoTカメラ(LiLz Cam)※1により、電源・ネットワーク工事不要で目視の点検を簡単にリモート化できます。遠距離にある点検場所や、高所タンクや天井裏などの危険場所など、今すぐ効率化することができます。
※1 撮影頻度や設置環境、撮影解像度などによって連続動作時間は変動します。
02
1つの画像から複数の計器を 自動で読み取り
カメラで撮影した画像から同時に複数の計器を自動読み取りすることができます。計器が何個あっても費用は同じなのでコスト最適化にも貢献します。アナログメーターなどの計器値は、画像解析と機械学習によりデジタル値として表示※2され、簡単に結果確認や修正が可能です。
※2 読取精度は100%を保証するものではありません。

  • 円型(時計回り/反時計回り)

  • 矩形型(時計回り/反時計回り)

  • ナナセグ型

  • カウンタ型

  • 棒型(開発中)

  • ランプ型(対応予定)
03
APIで簡単外部連携
APIを利用して「計器の値」や、「カメラが撮影した画像」などのデータを取得できます。現在のご利用中の設備管理システムなどと連携することで設備データの統合管理によるさらなる効率化が可能です。

適用分野として、公共施設、商業施設、企業施設、プラント、ガス、発電所、河川、病院、水処理施設、ボイラー、産業機械、研究所、高速道路等が挙げられます。
あらゆる産業における目視巡回点検の代替システムとしてご利用いただけます。産業ごとに特有の画像解析が必要な場合には、別途アルゴリズム開発や追加もご相談いただけます。

資料請求に関しましては、こちらのフォームから弊社までお問い合わせください。
また、本導入の前にご検討いただけるよう、3ヶ月(税抜24,000円)でレンタル可能なスターターキットもご用意していますので、お気軽にお問い合わせください。

LiLz Gauge 受賞歴
  • 九州・山口ベンチャーマーケット スタートアップ部門 大賞 / NICT賞
  • ソフトバンク賞 / 日本マイクロソフト賞
  • CEATEC AWARD 2019 トータルソリューション部門グランプリ受賞
  • イノベーションリーダーズサミット TOP 100
  • 第1回高砂熱学工業アクセラレータ 採択
  • Microsoft for Startups 採択
  • 2020 SAP.iO Foundry Tokyo 採択
  • Sony Startup Acceleration Program 参画
  • 第6回JEITAベンチャー賞
  • 2021フクオカベンチャーマーケット大賞